主婦 キャッシング

主婦のキャッシング

主婦の中にはアルバイトやパートで働いておられて自分にも収入のある方と、仕事を持っていない専業主婦の方がいると思います。
仕事を持っていてもいなくても時々必要なお金が足りなくてキャッシングしたいと思うことがありますね。

 

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは、主婦の方でも申し込みができます
まず、銀行のカードローンですが、たいていのカードローンは安定した収入がる20歳以上の方であれば誰でも申し込めることになっているので、仕事を持つ主婦の方も利用できます。また、銀行からの借入は総量規制の対象ではないので、年収の3分の1以上の額でも借りることができます。
申し込みの後に審査がありますが、審査のポイントは年収や勤務先、勤続年数、雇用形態、住居、現在までの借入状況などです。雇用形態は、正社員が最も有利でその次が契約社員等ですが、パートの方でも借入が可能です。業績の安定した会社に長年勤務しているなら、評価が高くなります。また、現在までの借入状況ですが、延滞や債務整理があれば銀行のカードローンの審査にはまず、通りません。借入件数が多かったり、借入残高が多い場合も難しくなります。それで、審査に自信のない主婦の方は中堅の消費者金融のキャッシングを申し込むのが無難だと思います。

 

銀行のカードローンの中には専業主婦にも貸し付けをするところがあります
楽天銀行やじぶん銀行、三菱東京UFJ銀行などでは、配偶者に安定した収入のある専業主婦にも貸し付けを行っています。専業主婦に対する貸付限度額は低く設定されていて、配偶者の収入証明書の提出なども必要ありません

 

主婦の方は消費者金融のキャッシングを利用することもできます。消費者金融の場合も本人に安定継続した収入があれば申し込みが可能です。審査は、銀行のカードローンの審査よりも緩くなっています。消費者金融の中でも大手消費者金融や銀行系の消費者金融は審査が幾分厳しめですが、中堅以下の消費者金融ならある程度借入件数があっても審査に通ることがあります。

 

消費者金融にはレディースローンという女性に特化したローンがあり、こちらでは専業主婦も申し込みが可能になっています。プロミスやアコム、モビットなどの大手消費者金融では、専業主の方に対する融資は行っていません。総量規制の例外で自分に収入の無い専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば配偶者の年収の3分の1までのお金は借りられることになっていますが、その際には配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。書類の確認等にかかる手間やコストを回避するため、大手の消費者金融では専業主婦の申し込みは受け付けていません。

 

主婦の方も、キャッシングをする場合は、借入先を慎重に選んでください。銀行や大手消費者金融なら安心ですが、あまり名の知れていない貸金業者の場合は信頼できる業者かどうか確認してから申し込みましょう。中には、主婦を狙った闇金もあります。極端に金利が低かったり、ブラックOKとか審査なし即日融資などの広告を出している業者には近づかないようにしてください。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る