主婦 キャッシング 審査について

審査について

金融機関からお金を借りる時には審査があります。
一般に銀行の審査は厳しく、消費者金融の審査はゆるくなっています。消費者金融の中でも大手よりは中堅以下の消費者金融がさらに審査が緩くなっています。

 

キャッシングの場合、仮審査は自動審査で行われます。これは申し込みフォームに入力された情報をポイント化して行う審査なので、わずか数秒で審査結果が分かります。審査のポイントは、年齢や勤務先、勤続年数、住まい、居住年数、年収、現在までの借入状況等です。

 

勤務先は安定した企業で職業も、安定した収入が得られる職業であればポイントは高くなります。勤続年数は長い方がポイントが高く、1年未満だとポイントは低くなります。雇用形態も正社員ならポイントは高くなります。ただ、パートやアルバイトの方でも安定した収入があり、勤続年数も長ければ、特に問題ありません。住まいは持ち家であれば評価が高くなります。賃貸であっても居住年数が長ければ家賃をきちんと納めているということで一定の評価を得られます。また、独身の方なら両親と同居している方が有利になります。電話は携帯電話だけよりも固定電話があった方が有利です。

 

年収は自己申告ですが、実際よりも極端に多い年収を書くと、勤務先や勤務形態、勤続年数から推し量られる年収と矛盾してすぐにわかってしまうので、年収も正直に書きましょう

 

現在までの借入状況は、金融機関が信用情報機関に個人の信用情報を提供してもらうことで確認できます。ですから、信用情報機関に債務整理や延滞の記録が残っていれば審査に通るのは難しくなります。また、申し込みの記録も半年間残りますので、短期間に立て続けに複数の金融機関にキャッシングの申し込みをするのは禁物です。また、複数の借入先があっても、きちんと返済していれば、返済能力と信頼性があると評価されますので、極端に多い借入件数でなければ、審査には問題ありません。それから、借入件数や借入総額は、信用情報機関で確認されますのでごまかさずに正直に書いてください

 


このページの先頭へ戻る